「フラット思考流」タロットの使い方

「フラット思考流」タロットの使い方

こんにちは!
なぎやきょうこです。

「独立したい」
「開業したい」
「活動の場を広げたい」

というセラピストさんが目標に向かうためのプログラム
「フラット思考メソッド」を実践する方に、必ずおすすめすること。

それは、「何か新しい習慣」を身につけることです。

ほんの小さなことでいいのです。
というより、小さなことの方がいいんです。

なぜかというと、「毎日欠かさず」続けて欲しいから。

毎日欠かさず続けているうちに、
その行為は生活リズムの一部となります。

そうなれば、もはやそれは「新しい習慣」ではなく、
自分にとってあたりまえのこと。

「新しいこと」が「あたりまえのこと」になる時、
人は変化するのです。

タロットでその日を占ってみる?

現在の生活に加える「新しい習慣」として、クライアントさんには
毎朝の「タロットカード一枚びき」をおすすめしています。

これは7年前にタロットを学び始めたわたし自身、
これまで、ほぼ毎日続けていること。

当初は、カードの意味を覚えるため、そして何より
「その日を占うため」に行っていました。

なので、朝イチでお目にかかるカードが「よいカード」であれば、
「お。ラッキー。今日はよいことありそう」となりますし、
「悪いカード」であれば、とたんに気分が悪くなったものでした。

これって、精神衛生上、かなりよくないと思いませんか?

朝いちばんで「占い」をすることによって、
「今日はこういう日になるでしょう」という
「お告げ」を受けてしまうことってどうなんでしょう。

カード一枚のことで、機嫌がよくなったり悪くなったり。

ここには「考えようとする姿勢」がありません。
ただ結果を受け取るのみ。

「よいカード」をひいたとしても
「よくないカード」をひいたとしても
朝から「無力な人」になってしまうのです。

 

タロットを「考える」ための糸口にする

今、わたしがおすすめしているタロットの使い方。
それは、現れたカードを「考えるためのヒント・糸口」にすることです。

何らかのテーマについて、考える必要がある時。

例えば、「このオファー、受けるか断るか」について考えるとしましょう。
そして一枚、カードをひいてみる。

「太陽」のカードが現れた!ラッキー!受けるぜ、この仕事!

っていうのは、実はNG。

この時にすべきこと。

それは、

・太陽のカード
・自分自身の現在の状況
・オファーを受けている仕事

この3つを関連付けた上で「この件を考える」ということなんです。

「太陽」のカードが表している事柄は、
「生命力」「活力」「エネルギー」「幸福」「成就」など。

それをまず、「この件に関しての現在の自分自身の状態」だと仮定します。

ここで大事なのは「仮定する」ということ。
「お告げ」や「運命」として受け取ってしまった時点で思考停止です。

この場合は
「このオファーについて、現在の自分は気力体力が十分に備わった状態である」
という仮説が成り立つ。

そして、その仮説をこの件について考える糸口、ヒントにするのです。

現れたカードを、
「未来に何が起こるか」を暗示するものとせず、
「現在の自分自身」を表すもの、として、この件について考えるのです。

太陽のカードが象徴している
「体調がよく、気力にもあふれている自分」がこのオファーを受けた場合。
または、断った場合。

何が起こるか、どうなりそうなのか、考えます。
「太陽な自分」なら何ができそうか、考えます。
何をしくじりそうなのか、も考えます。(太陽は「子どもっぽさ」なども象徴します)

そして、どうするか判断する。

判断するのは自分。
カードではありません。

そもそもタロットには「いいカード」も「悪いカード」もないんです。

タロットカードは、1セット78枚。
その中にある22枚が「大アルカナ」と呼ばれるカードです。

「一枚びき」なら、22枚のみを使うことを
クライアントさんにはおすすめしています。

22枚のカードには「吉凶」は描かれていません。

そこに示されているのは、物事の状態や性質、成長段階、といった
非常に抽象的なイメージ。

その「抽象的イメージ」を
現在抱えているテーマについて現実的にどうしていくかを考えるため、
言葉にしていく作業をするのです。

「イメージを言語化する」
これが、タロットリーディングの全てです

偶然現れた、一枚のカード。

たった一枚のそのカードを糸口に思考することで
様々なストーリーが生まれます。

ストーリーを紡ぐのは自分自身。
なんて楽しい作業なのでしょう!

7年前わたしは、その楽しさにハマってしまったのでした。

とはいえ、ま、「太陽」なら仕事受けるよね(笑)

なんだかんだ言っても「太陽」をひくと、
まあ、テンションあがります(笑)

では、「注意をうながすタイプのカード」をひいてしまった時は、
どうすればいいのでしょうか。

「吉凶はない」なんて言ったって、
「死神」とか「悪魔」とか「塔」とかひいちゃったら
やっぱり気分悪いじゃーん。

いえいえ。
そこからのカード解釈の仕方、考え方によって、
それらは「成長のためのチャンス」に気づかせてくれるものになるんです。

明日は、
「ガーン!!死神ひいちゃった!」という時の対処法、
考え方、生活への活かし方についてお話しします。

☆ ☆ ☆

【今日のコリほぐし】  
空の月はおひつじ座。
あ!今日はもしかすると
「心が大きく動揺する」なんて場面があるかもしれません。
そんな時は「動揺の中身」を言葉にして書き出すといいですよ。

★ ★ ★
【セラピストの行動力を高めるメルマガ】
ホロスコープから読み解いた
「目標にぐん!と近づくための今週のおすすめアクション」配信しています。
メルマガでは、無料プチリーディングも受付中!
登録はこちらから

★イベント情報★
【満席→増席2→満席となりました】 
12/4(月)開催 
なんとなくリーディングは卒業!タロットワークショップ & お茶会

・イベント詳細はこちら 
・お申込み、お問合せはこちらまで

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

FBでコメントする