死神先生!お世話になります!

死神先生!お世話になります!

こんにちは!
なぎやきょうこです。

思考ツールとしてタロットを活用する
「フラット思考流」タロットの使い方。


昨日は、その方法についてお話ししました。

「タロットカード、興味あるんですけどなんだか怖くて…」
とおっしゃる方、多いです。

確かに「死神」とか「悪魔」とか、
誰が聞いても不吉なイメージを
抱かずにはいられないカードがあるし、

そして、タロットを知っている人なら
ドキッとせずにはいられない「塔」というカードもあります。

予言のために使うのではなく、
現れたカードを糸口に自身の考えを進めていく。

こういったタロットの使い方を
私はおススメしているわけですが、

朝から死神だ、悪魔だ、というような
「ネガティブ感」の強いカードをひいてしまった場合。

クサらず、その日を前向きに過ごすためには
どのような解釈、考え方が必要なのでしょうか。


死神が教えてくれること。

死神のカードです。
馬に乗った骸骨の足元には、死体。
黄色いガウンをまとっているのは、命乞いをしている法王です。

どれほど位の高い法王が頭を下げても、
死神が容赦することはありません。

見るなりイヤな感じのするカードではありますが、
このカードをひいたからといって「ワタシ死ぬの!?」と
動揺する人はさすがにいないでしょう。

タロットに描かれているものは「象徴」です。

「死神の裁き」が意味するものとは何なのか、それを考えてみる。
そのカードの「一般的な解釈」を調べてみる。

「思考のコリ」をほぐすためのタロット解釈は
そこから始まります。

一度終わる。そして、仕切りなおす。

死と再生。

これが「死神のカード」のテーマです。
でも、肉体の死を表すことはまずありません。

「精神的な死」「状況の死」
これを受け入れる必要がある自分。

それを意識されるとよいと思います。

いったん捨てる。そぎ落とす。停止する。停止させられる。

自分自身の中に、または生活の中に、
これらが必要であることについて、考えます。

惰性で続けていることはないか。
必要ないものを抱え込んではいないか。

慣れ親しんだものを手放す時には、
痛みをともないます。

でも、それをしないと新しいものは入ってこないのです。

このカードをひいた時には
「新陳代謝」が必要な自分について、考えてみるタイミング。

そう「仮定」して、物事を眺めます。

無意識、無意味に続けていることや、
見ないフリをして先延ばしにしていることがあれば、
今日、終わらせてしまいましょう。

「潮時」が来ているものについて、

確認、チェックし → それを手放し → 仕切りなおす 
 → 新たな流れができる


思考 → 行動 → 行動 → 結果 

の流れを作ることができますね^^ 

これが「能動的」なタロットの使い方。

「ひゃー、今日はこんな日になりそう…」と、
結果を「受け取る」だけではいかんのです。

「こんな日になりそう…」と感じたなら、
「ではどうしようか?」と考えてみる。

これも「フラット思考的」タロット利用法です。

まとめ

「ネガティブっぽい」カードが現れた日。

そんな日は、
「課題を見つけ、チャレンジする」ことをうながされている
「チャンス日」だととらえることをおススメします。

今日は「死神」のカードについてお話しましたが、

例えば「悪魔」なら、
「誘惑を断ち切る」ことを意識するといいですし、

「塔」なら、
「自分の殻を破る」ための行動をとる日にします。

毎日をアクティブに、そして、ていねいに過ごしていこうと思う時、
タロットカードは、とても役に立つ自己分析ツールなのです!

☆ ☆ ☆

【昨日から今日へのコリほぐし】
昨日、「心が動揺する場面があるかも」と書きました。
空の天体が、激しさを示す配置になっていたんです。
いかがでしたか? 
(わたし、動揺することありました笑)

今日の空の月はおうし座。
音楽を楽しみ、おいしいものを食べて、
英気を養うことを意識しよう!

★ ★ ★
【セラピストの行動力を高めるメルマガ】
ホロスコープから読み解いた
「目標にぐん!と近づくための今週のおすすめアクション」配信しています。
メルマガでは、無料プチリーディングも受付中!
登録はこちらから

★イベント情報★
【満席→増席2→満席となりました】 
12/4(月)開催 
なんとなくリーディングは卒業!タロットワークショップ & お茶会

・イベント詳細はこちら 
・お申込み、お問合せはこちらまで

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

FBでコメントする