妄想を爆走させながら、思考の整理をする方法

妄想を爆走させながら、思考の整理をする方法


こんにちは!
なぎやきょうこです。

「アイデアを出す方法」や
「思考の整理法」に興味があるのは、
きっとわたしだけではないはず。

その証拠に、書店をブラブラすれば
それについての本がたくさん目につきます。

「右脳派」やら「左脳派」やら言いますけど、
それほど偏っている人って、はたして
いるんでしょうか。

抽象的な思考も具体的な思考も大切。

「広げた考え」は「絞ること」で
輪郭をはっきりさせなければなりません。

両方できなければロクな判断はくだせないし、
他人とのコミュニケーションだって、
成り立たないと思うんです。

タロットと「思考法」の相性のよさ


「タロットカード」は、
一般的には占いに使うものですが、
私はもっぱら、「思考や感情の整理」のために活用しています。

先日、試験的に行ってみたところ、予想以上に評判のよかったワーク。
それは「タロットカードを使ったブレインダンプ」でした。

タロットカードの絵柄を眺めてみましょう。

「戦車」のカードです。

例えばそれが「戦車」であっても、
そこに描かれているのは「戦車そのもの」だけではありません。

白と黒のスフィンクス。
星柄のホロがついた変な馬車。
乗っている若者はなかなかのイケメン。
でも、ベルトがなんだかずれている。
なぜ赤い駒が?
てかスフィンクス、座ってるし!



タロットカードに描かれているもの。
それは「そこから引き起こされるイメージ=象徴」

そんなこともあり
「タロットは降りてきた直感で読みます」

という人もいなくはないのですが、
それ、とんでもないです。

もし私の生徒さんがそんなこと言いだしたら、
廊下に小一時間立っていてもらわなくてはなりません。

象徴として描かれているものを、
そのカードが示している世界と
その時に立てたテーマに沿った解釈をした上で
言語化する。


これがタロットリーディング。

受け取ったイメージを一度理性的に考え、解釈し、
言語化することが不可欠なんです。


なのに、そこをはしょってしまうなら
別にタロット使わなくてもいいのでは?って思います。


というわけで、
そもそもタロットリーディングというのは

「抽象的思考」を「具体的思考」に落としこむもの。

すなわち
「とりとめのない考えを枠に入れ、整理する」作業とは
とても相性がいいのです。

ここにある「考具」。ほとんど全部タロットと一緒に使えます。


加藤昌治著 「考具」


アイデアや企画を考えるための、様々な方法について

書かれた書籍です。

それはフレームワークから心理的なものまで、様々。
普段よく見かけるそれらの方法が、
とても分かりやすく、そして実践しやすく解説されています。

「わお!楽しそう。やってみよう!」ってなる本。

この中で紹介されている「考具」
ほとんど全て、タロットカードを併用して実践できます。
というか、そうした方が私にとっては更に面白い。

今日は「ブレインストーミング」を
タロットとともに行ってみました。

テーマは
「今夜の夕飯メニュー」
です。

「女帝」と「太陽」とわたし。3人で「夕飯について」ブレスト。


ブレインストーミングには、それなりのルールがあるようですが、
まあこの際、細かいことは気にせずに。

「とにかくたくさん、しゃべる」
「判断をしない」
このあたりだけ心得て、試してみます。

「夕飯メニュー」というテーマを設定し、
カードを2枚ひく。
現れたのは「女帝」と「太陽」でした。

女帝

太陽 

わたし


わたし(以後K)  今夜のお夕飯は、お肉系。

太陽  牛肉がいいな。
K    豚肉しかないんだけど。
女帝  牛肉だと何が食べたいの?
太陽  焼肉
K   ピーマンはあるけど。
太陽  温かいものがいいな。
女帝  風邪ひきやすい季節だから、栄養とらなきゃ。ビタミン大事。
K   あ、ほうれん草もあるな。
女帝  ほうれん草は、ぜひ食卓へ。
太陽  ほうれん草…お肉の話してたんだけど。
女帝  お肉とほうれん草をつかったメニューは?温かいもので。
K   冷蔵庫みてくる
太陽  もうおなかすいた
女帝  では、時間かからずできるものを
K   豚肉 牛乳 ほうれん草 ピーマン 玉ねぎ 大根 キムチなどを早めに消費したい
太陽  おなかすいた
女帝  温かくて、すぐにできて、ビタミンが取れるメニューはなにかしら?
K   炒めもの?豚肉とほうれん草炒め?豚キムチ?
女帝  一品しか作らない気?
太陽  おなかすいた
K    一品でなはく、「ワンディッシュ」って言って。
K    牛乳がねー、たくさんあって…
太陽   クリームパスタは?
女帝   ほうれん草の入ったクリームパスタ、おいしそう。ちょっとおしゃれだし。
K    なるほど。豚肉と玉ねぎも一緒に入れられるし、クリーム系なら温まるかな。
K    ワンディッシュで格好つくし( ̄▽ ̄)
女帝   大根サラダくらい作れば?
太陽   やったー!

大丈夫かな…この記事… 


タロットを使うということの必然性。


それは、
自分ひとりで「3人分のキャラクター」になれる、
ということです。

カードの意味がわかれば、それを設定してもいいし、
ただ単に、描かれている人物のイメージでしゃべってもいい。

これ、単なる「ひとりブレスト」よりも
断然、頭柔らかくなります。

ちなみに今回私がイメージしたのは、

太陽のカード
→「無邪気であまりものを考えていない子ども」キャラ

女帝のカード
→優しいお母さんキャラ。ちゃんと栄養があって美味しくて
きれいに盛り付けた料理が好き


私→ほぼそのまま。

楽しいです…はまりそう。



これ、実際に人数がいる時は、それぞれの人が一枚ひいて、
そのキャラになって発言するっていうのも

いいかもしれないです。

お。次のワークショップのネタができました。

タロットで脳内循環。絶対よくなっている。


上にあげた「テーマ・夕食」は、

なかなかしょーもない。

タイピングしながら
「大丈夫か、この記事…」と
若干不安にもなったのですが…


この方法、仕事していて煮詰まってしまった時には、
実際に便利なんです。


特に「ひとり仕事」している方には超おすすめ。

ひとりで作業して、考えて、煮詰まってしまった時。

10~15分ほど時間をとって試してみると
本当に頭の中がスーッと軽くなり、

血液の循環がよくなったことを実感します。

自分自身の中、実は存在しているのに抑え込まれていた
複数の視点や感じ方が、浮上し、アウトプットできるからではないか、と
考えています。

たぶん、それが心地いい。


妄想を爆走させながら思考の整理ができるなんて、
画期的じゃないですか!?

私、「占いません」と宣言しましたので、小声ですが。


「思考能力」を単に刺激するために使うのならば、

別にタロットカードでなくてもよいのかもしれません。

でもたぶん…
「他のもの」を使うより、効果があるような気がするのです。

それは、タロットに描かれている世界が、普遍的なものだから。

私たち全ての人間や、自然界の深いところに
共通して流れているものに触れているから、だと思うのです。

タロットカードは、その点だけでも
十分に意味のあるもの。

だから必ずしも「当たらなくて」いいって、

私は考えています。

でも。

「夕食メニュー」というテーマでひいた2枚が
「太陽(元気、無邪気な子どもを象徴)」と 「女帝(母を象徴)」という時点で、
すでになんだか
「当たって」います(笑)

冷蔵庫の中身については実話(恥)

というわけで、

今夜は豚肉とほうれん草のクリーム煮でも
しましょうかねー。

★イベント情報★


「タロットカードでブレインダンプ!必ず叶える今年の目標ワークショップ」
2018年 1月21日(日) 14時~16時 恵比寿で開催します。
参加費 600円+ご自身のお茶代
定員6名 残席4

「タロットカードを使ったブレインダンプ」
イメージを言語化していく中で、
自分の思わぬ深い心理に触れることができた、と
前回のワークショップではとても好評でした。

次回は新年ということもあり、
自分の心を深堀りしながら「2018年の目標設定」をしていきます。

設定したら、それに対して「カラダ」が抵抗していないか、
筋肉反射テスト(キネシオロジー)でチェック。
もし、心と身体の矛盾があれば、アロマを使ったストレス調整を行います!


募集は明日 12/23 15時 このブログ内でご案内いたします。
メルマガ内からのお声がけには、優先的にお席を確保していすので、
よろしければご登録くださいませ。

 → メルマガ登録はこちらから 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

FBでコメントする