芸術的目標設定

芸術的目標設定

こんにちは。
なぎやきょうこです。

「時間」について考えていました。

「時計が刻む」時間と、
「体感する」時間についてです。

「楽しい時間」や「集中していた」時間って、短く感じますよね。
それが「体感する」時間です。

ギリシャ神話には、「時間の神さま」が二人いる。
「クロノス」と「カイロス」です。

「クロノス」が司る時間は、時計が刻む時間。
過去から未来へと一方的に流れていく時間です。

一方「カイロス」が司る時間。
少し説明が難しいのですが、
私は「体感的な時間」がこれにあたると思っています。

「今、この瞬間」というような、ある意味「流れない」時間。
「あの時」を思い出している時間もそうかもしれません。

夢中になっていて、短く感じた時間や、
退屈で長く感じた時間もそうです。

感情や体感をともなっていて、
伸びたり縮んだりする時間。

それが「カイロス」が司っている時間なのです。

 

ホロスコープで「時期」を読むとき。ふたりの神さまがそこにいます。


独立する、転職する、起業する。
サイト開設、サロンオープン、今後の方向性の見極め。

このようなことに追い風が吹くタイミングを図るために、
ホロスコープは便利です。

「未来の雰囲気」を予測することができるから。

今から何か月後には、この分野に力を入れやすいです。とか、
今年は、この感じよりも違う動き方の方が効率がよさそうですよ。とか、
お話しするのです。

そこに関連するのは、「流れていく時間」
みんなが共有できる「クロノス時間」です。

でも、その時期、その日を使って何をするか。
どんな行動をぶつけていくかは、人それぞれが選び取るもの。

「6か月後には、こんな自分になっていたい」と人が言う時、
そこには、「未来へ流れる時間」と「体感する時間」の
両方が流れているような気がします。

「目標設定」という言葉。
私、最近よく使います。

占いをやめて、
「仕事を進めるためのご相談」しか受けなくなった、
「コーチング的なセッション」しか行わないようになったから。

とはいえ、「目標設定」「目標設定」って連呼することに
実はちょっと違和感もあったんです。

なんだか「強制的で一方的」な響きを感じるんですよね、この言葉。
そうそう、ちょっと暴力的に聞こえることもある。

でも今日、時間のことを考えていたら気分が変わりました。

「目標を設定する」ということって、
クロノスとカイロスの両方を一度に経験することなんだ。

目標を設定するって、ちょっと芸術的じゃん!

イブの夜。
気分が上がることができたのは、
ちょっとした自分へのプレゼントなのかもしれません。
(若干寂しい。笑)

☆ イベント情報 ☆
「タロットカードでブレインダンプ!
必ず叶える2018年の目標設定ワークショップ」

タロットカードを使った思考の整理 プラス
キネシオロジーによるストレス調整 を使い、
2018年に向けた目標設定をするワークショップです。
 → 詳細記事はこちら
開催日時 2018年 1月21日(日)10時~12時
定員   6名 (残3席)
開催場所 JR恵比寿駅近くの会場 (ご参加の方にお知らせします)
参加費用   600円 + ご自身のお茶代
持ち物  タロットカード 筆記用具 目標ネタ

★お申込みはこちらまでお願いします★
お問合せはこちら。

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

FBでコメントする