タロットはこう使えば、良きコーチとなってくれるのである。

タロットはこう使えば、良きコーチとなってくれるのである。

こんにちは。
なぎやきょうこです。

タロットのレッスンを受けてくださった方。
ワークショップご参加の方。
継続プログラムの「フラット思考メソッド」実践中の方。

皆さんにおすすめするのが
「毎日のタロットカード一枚びき」です。

FBのグループで、その日ひいた一枚とその解釈を
シェアしあうのが、なかなか楽しい^^

「今日はどんな日?」ということで行うわけですが、
グループの中の方には
「占わないで」と言っています。

「こんなカードが出てきた。だから今日はこんな日になるでしょう」
これは「占い」です。

「こんなカードが出てきた。
では、今の自分はこんな状態である、と仮定して対策を考えよう」

これは、私が生徒さんやクライアントさんに
おすすめしているタロットワーク。

無意味に「気分」を上下させることのない
建設的なタロットの使い方です。


「習慣力」を楽しく鍛えるために


毎朝1枚カードをひいて、
その意味をちょっと考え、
FBにアップする。

5分から10分もあれば、可能な作業です。

とはいえ、忙しい朝の時間。
「必ず毎日」は、なかなかハードルが高いみたい。

でも、毎日それをすることで
「その日の指針」について意識的になれるし、
「前日の振り返り」も言葉にすることになります。

小さな行動ですが、継続することで
生活に自分なりのリズムを作ることができる。

そして、「日々をていねいにおくること」にもつながると、
私は思っています。

「気まぐれ」ではダメなんです。

生活の中にルーティンとして組み込む。
「少しのこと」を毎日続ける。

これは人を強くします。

そして、どんなに「センスのない人」でも
確実に成長し、上達するのです。

これを確信を持って言えるのは
私がピアノ教師を長く続けてきたから。

「音楽センス」や「指先の器用さ」について、
たとえ凡庸であったとしても、

「毎日少し」をコツコツ続ける習慣がつけば、
子どもも大人もみんな、必ずピアノは上達するんですよね。

上達すれば、モチベーションも上がります。
そうすると「もっとガンバロ」ってなる。

好循環が始まるのです^^

私はセラピストさんを応援するプログラムを提供していますが、
この小さなタロットワークを習慣化できた方は
よい結果を出されることも速いです。

「迷った時」の行動指針を得るためにも使えるよ。


先ほど私は迷っていました。
仕事の進め方についてです。

タスクが多すぎるのです。
たぶん、というか絶対、自分のキャパを超えています。

「ひとり起業」は基本的に仕事を選ぶことができますので、
抱え込んでしまった仕事は全て、私自身が選んだもの。

「できない」「間に合わない」などという戯言は
誰も聞いてはくれません。

とはいえ、無理をしてこなすことで
仕事が雑になったり、体調を崩すなどということになっては
余計に迷惑をかけてしまう。

「辞退する」「断る」の選択も
常に忘れてはいけないのです。

クライアントのセラピストさんも「抱え込み型」が多いかな。

広げすぎて、がんばりすぎて、具合悪くなってしまう方、
結構いらっしゃいます。
(そうならないために私がいるのです!)

こんな時にもタロットがよめると便利。

私も今日は、久しぶりに「3枚びき」をしてみました。
1枚びきとは違って、状況がストーリー仕立てになって現れます。


「見極め・判断」のために現れるストーリー(仮説)


「いつになく調子が出ない日」って、誰にでもありますよね。

「これ以上続けても、効率が悪いから今日はもう切り上げようかな」
「いやいや、甘ったれてんじゃねーぞ」

ひとりでこのやりとりをしているうちに、
結局、無駄に時間が流れて行ってしまいます。

今日はちょうどこんな感じでしたので、
試しにタロットをひいてみました。

「この状況について」というテーマです。

【結果】

過去 力逆位置 → 現在 ワンド10 → 未来 ワンド6

● 3枚のうち2枚が正位置。状況の停滞度合はまあまあ。

● 過去のエネルギーが強い。
「頑張れなかったこと・意志が弱かったこと」の現れ

● 現在は重荷をしょっている。いっぱいいっぱい。
 でも踏ん張って進もうとはしているが、この状況を招いたのは
 過去における意志薄弱の結果である。

● 現在から未来の流れをみると、明らかに荷物が減っている。
 そして、晴れやかな気持ち。「へへ、やってやったぜ」的な。

● ワンドのカードは「火」 やる気、精神力を象徴するので、
  それほどメンタルが弱っているわけではなく、一応前向きな状態。

● 怠けちゃってためちゃったタスクを
   ↓
 必死で背負い頑張っているけど、
 結局10本のワンド(タスク)は
   ↓
 6本に減り、気分は晴れやかに。

という、ストーリーが浮かび上がってきました。

さて、これを実際の状況、そして未来への仮説として考えてみましょう。

カードの1枚目と2枚目、すなわち過去から現在にかけての流れは、
現実の通りです。

今私は、タスクに押しつぶされそうになりながらも、
一応前向きに対処しようとしているのですから。

「未来のカード」を仮説として考えてみると、
タスクが減り、達成感の中、若干「調子に乗っている」様子が
うかがえます。

「このストーリーに乗ってみる?」と
自分に問いかけます。

乗ってみたら、イケそうな感じがしますよね^^
これが「見極め」

で、「よっしゃ。もうひと踏ん張りするか」という
「判断」もできました。



「未来のカード」が「よく」ても「悪く」ても、対処法はあるのです。


今回の3枚目、「未来」を表す場所に現れた「ワンド6」
絵柄を見てわかる通り、凱旋のカードです。
ちょっと嬉しい^^

「ラッキーですね。大丈夫です。勝利のカードです」
ということで、
「わー、よかったです。このままでいいのですね。ラッキー♡」
で終わってしまうのが「占い」です。

勝利のカードが象徴している「晴れやかな気持ち」を得るために。
「どう動いたらいいかな?」と考え、行動するのが
「思考のコリ」を解消するためのタロット活用法。

「タスクを減らすべく、もう少し頑張ろ…」

そう思いながら、タスクを書いた付箋をみたら、
今日の残りはあと4枚。

そういえば、10本のワンドが6本に減っていたっけ。

ニヤリとしながら、そちらの作業に戻ることにします^^



☆ イベント情報 ☆
「タロットカードでブレインダンプ!
必ず叶える2018年の目標設定ワークショップ」

タロットカードを使った思考の整理 プラス
キネシオロジーによるストレス調整 を使い、
2018年に向けた目標設定をするワークショップです。
 → 詳細記事はこちら
開催日時 2018年 1月21日(日)10時~12時
定員   6名 (残1席)
開催場所 JR恵比寿駅近くの会場 (ご参加の方にお知らせします)
参加費用   600円 + ご自身のお茶代
持ち物  タロットカード 筆記用具 目標ネタ

★お申込みはこちらまでお願いします★
お問合せはこちら。

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

FBでコメントする