「行動派のかに座・うお座」が少しだけ危険な件。

「行動派のかに座・うお座」が少しだけ危険な件。

こんにちは。
毎日【思考のコリほぐし】のことばかり考えている
なぎやきょうこです。

昨年、
「占星術も使うし、タロットも使うよ。でも、占いはやめました」
という、意味不明な宣言をしてから数か月。

いいえ、
もう半年近く経っていました!

「敏感ゆえに」
開業に踏み切れない、独立するのが怖い、
行動できない…

そんなセラピストさんたちの
ホロスコープをよみながら

「ここで決心すると追い風が吹きますよ!」
とか
「まずはこんな風に動き始めると結果が出やすいですー」
とか。

そんな風に
「動きやすくなるためのコツ」をお伝えしようと
思っていました。

が。

「独立希望」「自立志望」「活動のはばを広げたい」と、
ご相談にみえるセラピストさんたちの多くが実は、
「行動力あり!」「行動力のかたまり!」の方ばかり…

これは私にとって
まったく「想定外」のことでした。

「動けない言い訳」ばかりしていた自分が
ホロスコープやキネシオロジーを知ることで
ジワジワと、でも確実に行動できるようになった。

だからそれを
「同じことに悩んでいる方にお伝えできたらいいなー」と
単純に思っていましたので。

「いや、動けてるじゃん。あなた私のコンサル、いらなくね?」

そんなことを考える日もありました。

いやいや、でもでも。

「動きすぎ―」の方のお悩み、苦しみについても
なるほど!と共感する数か月でもあったことは確かなのです。

優しささえも「コリ固まった思考」から生まれていた。


ウダウダ言って動かない人にはもちろん、
こだわり過ぎ、言い訳ばかりしたがる原因である
「思考のコリ」がたまっています。

でも、
動いている人にもコリはたまっているみたい。

今日は
「動けるタイプの方」の思考のコリについて
お話ししたいと思います。

ハッキリ言うと
「動いてりゃいいってもんでもないよ」っていうお話しです。

 行動できているのに、いつまでも変化しないのはなぜ?

メッセージの返信もすぐくださるし、
ワーク課題なども、あっという間に仕上げる方。

それどころか、
こちらが考える一歩も二歩も先回りして
ご自身で課題を見つけ、取り組まれる方。

やりとりしていて、
とても気持ちがいいです^^

「優等生」です。

なのに、ご本人的には充実感がない。

すべきことがわかっていて、
すべきことをしているのになぜ?

なぜかというと、「デキ過ぎさん」だからです。

反応が速い、頭の回転が速い、だから
「今ここで、自分に求められていること」を即座に理解する。

問題はなさそうですよね。

でもご自身としては
「いつまでも目標が達成できない」と
悩まれています。

その原因は、
「求められていることに対して、反射的に答える能力を持っているから」

もっと言うと
「つい、反射的に答えてしまうから」
です。

「その場対応」に長けている、ということが裏目に出てしまうと、
ご本人の意志が消えてしまうんです。

周りからは喜ばれるけれど、
ご自身のやりたいことのために費やす時間も体力も
いつのまにか、無くなってしまう。

だからといって
「振り回されている」わけでもなく。
自分から自分を「振り回しに行っている」という感じです。

で、ふと気がつくと目標については、何の変化もしていないという…
こういった状態におちいってしまいがち。

まあ、このタイプの方は頭もいいけど、気もいい。
優しい人が多いんです。

だから、文句のつけようがないといえばない。

でも、「こんな自分だから仕方ない」なんて言っていては
いつまでたっても、目標には近づけません。

デキがよくて、性格もよいのに進化しない。           じゃあ、一体どうすりゃいいのさ。

このパターンが出来上がった原因は
「もともとデキがよいから」「優しいから」ではありません。

これまでの人生を「そうやって」わたってきたからです。

波風が立つことで傷ついてしまう自分を
守るために培った性質です。

周りの人が喜んでくれることが自分の喜びでもある。
それは素晴らしい。

でも、それを「自分の軸がぶれる言い訳」にするのは違いますよね。

このタイプの方のホロスコープは
かに座やうお座が強調されていることが多いです。

物事の判断基準、優先順位が
「ヒトの気持ち」になりがちなのがこれらの星座。

別に悪いことではないけれど、
自分を変えたいと思うなら、そこに甘んじていてはいけない。

ということで、
こういった場合はその方のホロスコープ上で
「他の要素をもつ部分」に注目します。

情に流されず、理性的な判断をする星座とは?

誰のホロスコープ上にも
「理性的判断」を得意とする部分があります。

情に流されず、客観的な判断をするその部分は、
星座で言うとふたご座、天秤座、みずがめ座。

たとえばその方が「ふたご座」ではなかったとしても。
実は誰の身にも、すべての星座のエネルギーが流れています。

なので、「情に流されない星座エネルギー」の発動のさせ方をお伝えし、
ご本人がそれを意識すれば
やみくもに環境に振り回されることはなくなるというわけ。

非情な人間に変わるわけではありません(笑)
バランスをとることができるようになるのです。

「情が必要な時なのか」
それとも
「自分の軸を思い出すべき時なのか」を
選べるようになる。

そのバランスを知った「優しい優等生」は
きっとブレイクスルーを起こすことでしょう!

次の記事では、
「もっとコマッタちゃん」な行動派について
お話ししようと思います。




LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

FBでコメントする