「生きづらい」とか言ったもん負け。

「生きづらい」とか言ったもん負け。

こんにちは!
「自己実現をさまたげるコリコリ思考」を解消する専門家
なぎやきょうこです。

「ここは自分の居場所ではない!」
「転職するぞ!」
「本来の自分で生きていくぞ!」

という、課題をお持ちの方が
「ホロスコープにそのためのヒントがあるのでは⁈」と、
日々、ご相談にいらっしゃいます。

半年前に
「占い師」の看板をはずして、大きく変わったことがあります。

それはお客さまのタイプが変わったこと。

さんざん「ご自身で考えた挙句」のお客さまが増えたということです。

言い換えます。

「占い師の看板」を掲げていた時のお客さまは
「ご自身で考えられないほどの、よくない状態」だったということです。

その状況にお答えすることは、
私にとって荷が重すぎました。

「なんとかしてください」

「なんとかしたいのです」
の違いは大きいです。

何とかしたいのです!に対するヒントはホロスコープ上に。


「私はこうしたい」
「この状況をなんとかしたい」

これを訴える方には、意志力があります。
自発的な「力」があります。

ホロスコープ上にある「よきヒント」は、
その状態でこそ、うまく使うことができる。

私はそう信じています。

ホロスコープ上に浮かび上がる「言い訳」


世界にたった一つ、
「あなただけの」ホロスコープは
「あなたの取り扱い説明書」です。

あなたの強みも弱みも、
浮き彫りになっているのです。

ホロスコープは「人の運命」を定めるものではありません。
決してそうではないんです。

でも、
「持って生まれた性質の傾向」については、
如実に現れるということは確か。

なので、ホロスコープをみせていただくと
「言い訳体質」をお持ちの方がわかります。

ご本人がそれを意識していても、いなくても、です。

すべてのヒントを台無しにするもの。それは「言い訳」


言ってしまいましょう。

「生まれつき幸運なホロスコープ」ってあるんです。
そして
「困難なことに数々出会いそうなホロスコープ」もある。

でも。

実際に
「しんどいです」
「うまくいきません」
を訴えるのは、
「生まれつき幸運なホロスコープ」をお持ちの方が多いのです。

どういうことか。

「人生におけるハードなできごと」についての
免疫があるかないか。

それだけのことです。

「もしかしたら私、大変そうなホロスコープの持ち主かも?」

はい、たぶんそうだと思います(笑)

でもだからこそ、
ホロスコープリーディングを受ける価値があると思うのです。

わたし自身、自力では解決できない、ツライ時。

自分のホロスコープとの対話に力をもらいました。

「生きづらさの理由」は、
ホロスコープで明らかになります。

「理由」がわかれば、
「有効な打ち手」を考えることが、できるではありませんか。

しょせん私たちは、自然の一部


南北朝鮮半島の件。
火山活性化の件。
芸能ニュースの件。

次元の差?程度の差?はあれど、
ホロスコープリーダーは、
「この天体配置の時に、こんなことが起こっている」という
考え方をします。

こじつけでもいい。
その程度には、開き直っています。

ただ、
「世の中で起きていること」は
個人についても、そのエッセンスが降りかかる可能性が高い。

どこかで読んだことがあるのですが、
「(次元が)上のことは下にも起こる」
そのものだと思います。

ここ数日あなた個人の身の上に
インパクトの強いこと、起きているのではないでしょうか。

「生きづらい」なんて言ったもん負け


確かに「生きづらそうな」チャートの持ち主はいる。

でも、
そういう人にかぎって「生きづらくて…」的な
軟弱発言はなさいません。

ハードなホロスコープの持ち主、
ソフトなホロスコープの持ち主。

チャートをみれば、確かにいらっしゃいます。

でも、
鍛えられていないだけ
「ソフト、またはラッキーなホロスコープ」の持ち主の方が
不平不満を訴えることが多い、ということ。

日々、チャートを読ませていただく中で
それは確かなことなんです。

自分の資質を言い訳にせず、
「だからこそ」という発想に変えていく。

それこそが「ホロスコープリーディングの醍醐味」なんです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

FBでコメントする