「一歩が踏み出せないんです」という思考のコリをほぐす法

「一歩が踏み出せないんです」という思考のコリをほぐす法

こんにちは。

なぎやきょうこです。

 

わたしのところにご相談にみえる方のうち、

80、いや、90%の方が同じフレーズを口にされます。

 

なんだと思いますか?

 

それは、

 

「一歩が踏み出せない」

 

というフレーズです。

 

「学んだスキルを使った活動を広げたい」

「自分が一番やりたい道で独立したい」

「会社を辞めたい」

 

心は決まっている。

でも、具体的な次の一歩が踏み出せない。

 

どんな場合でも、

「○○したい。なのにできない。」

 

というのは、「思考のコリ」がたまっている典型的な症状です。

 

ホロスコープで「コリの原因」の原因とほぐし方を診たて、

「次の一歩」を踏み出せる状態に整えていくのが私のセッション。

 

それには、ある程度の日数を必要とします。

 

でも今日は、誰にでも簡単に試すことができる

コリほぐしの方法をお伝えしますね。

 

一歩を踏み出すための、「ちょっとしたヒント」です。

 

12星座の持ち味を4タイプで考える。


ホロスコープは、12の星座でできています。

そして、その12星座は4つのタイプに分けることができます。

 

火・地・風・水 の4つ。

それぞれの持ち味は、次のとおりです。

 

火 情熱、勢い、ノリのよさ。

地 現実感覚と安定性。

風 論理的思考力とコミュニケーション力。

水 情緒的細やかさと共感力。

 

 

ひとつ前の記事では、この4タイプ分類を活かした

「この人苦手だわー」の攻略法についてお伝えしました。

 

今日は、この方法を応用します。

 

「次の一歩」は「次の星座」にある

 

12の星座は次の順番で並んでいます。

それぞれのタイプにも注目してみてくださいね。

 

おひつじ(火)→おうし(地)→ふたご(風)→かに(水)→しし(火)→おとめ(地)→

 →てんびん(風)→さそり(水)→いて(火)→やぎ(地)→ みずがめ(風)→うお(水)

 

火→地→風→水→火→地→風→水…

 

4タイプはこの順番の繰り返しです。

 

おひつじ座からスタートし、うお座でひと巡りが終わる12星座。

この順番は「人の成長段階」と言われています。

例え話で言えば…

 

おひつじ座でこの世に生まれた赤ちゃんは、

おうし座で手を使い、足を使い、食べたり寝たり。

ふたご座でお外に出かけ、

かに座でお家に帰ってきてママに甘えた後は

しし座ではひとりでやりたいことをやる…

 

と、こんな感じ。

 

タイプの方を見てみると

火→地→風→水 を繰り返しています。

 

4タイプに

なじみのいい組み合わせと、反発しやすい組み合わせがあることは、

前の記事にも書いた通り。

 

そして、タイプの順序をよく見ると、隣同士が

反発や違和感を感じやすい並びになっているのです。

 

そうです。

 

「段階を踏んで成長する」ためには、

「自分自身とはなじみにくい要素」に向かって

「一歩を踏み出す」必要があるのです。

 

 

あなたに必要なのは、どんな「一歩」?

 

火 情熱、勢い、ノリのよさ。

地 現実感覚と安定性。

風 論理的思考力とコミュニケーション力。

水 情緒的細やかさと共感力。

火 情熱、勢い、ノリのよさ。

 

自分の太陽星座の「次の星座」を意識することは、

成長のための一歩となります

 

ノリと情熱が原動力の「火」は、

地の、文字通り「地に足のついた」状態を意識するといいし、

 

慎重になりすぎてしまった「地」は、

次の「風」のように、フットワークを軽くすることを意識すれば

こだわりすぎや思い込みを手放すことができそうです。

 

思考が先走りすぎた「風」は、

「水」の共感力から得るものがあるはずですし、

 

 

人づきあいでクヨクヨしてしまった「水」は、

「火」の「私は私」という姿勢を見習うべきでしょう。

 

 

次の一歩を踏み出すために

 

「いつもの自分」「なじみのある感覚」から抜け出してみること。

それが「次の一歩」を踏み出すコツだと思うのです。

 

様々な「踏み出すための」方法。

すでにそれを実践されている方も、まだこれからの方も

「自分の星座の次の星座」を意識して考え、行動してみてください。

 

努力の成果がさらに上がること、間違いありません^^

 

 

最後に一言。

 

講座などで「星座の順番と成長段階」の話をすると、

 

「え?じゃあ、おひつじ座よりさそり座の方が大人なんですか?」

という質問が必ず出ます。

 

いえいえ。危ない危ない。

 

12星座が描かれたホロスコープは、

らせん状のイメージでとらえてくださいね。

 

おひつじ座もさそり座も、

様々な成長段階を生きている、それぞれの人がいるのです。

 

そこんとこ、ヨロシクです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

FBでコメントする