引っ込み思案で損をしているというあなたへ

引っ込み思案で損をしているというあなたへ

こんにちは。
なぎやきょうこです。

「断わるべきなのに、何だか気後れしてしまって言えない…」
「引っ込み思案なもんで、チャンスを逃してしまいがち」

セッションの場では、
そんな訴えを耳にすることが少なくありません。

でも、
「引っ込み思案でー」とか
「人見知りでー」とかいう人にかぎって、
こちらからは、そうもみえないことが多いんですよね。

「自称」引っ込み思案?

自称にせよ、生粋の控えめキャラにせよ、
「チャンスを逃してしまいがち」なのは由々しき事態。

まずは、あなたの引っ込み思案な性格が
「自称」なのか「生粋の」なのか、
ホロスコープを使って調べてみましょう。

実際のところ、あなたは「引っ込み思案キャラ」なのか。

調べ方。
このサイトを使います。

 さくっとホロスコープ・レポート

 

← 生年月日を入力して、「作成」をポチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←「星座区分」と書いてある部分をみてください。

 

 

 

 

火と風 に入っている惑星マークを数えて足します。

この場合は、火に1個、風にはマークがありません。

だから、計1個。

今度は、土と水に入っているマークを足す。

土→6 水→3 合計で9個です。

 

火・風は能動的、
土・水は受動的な性質を表します。

この方の場合は、
能動性 1 : 受動性 9

 

ありゃ、ずいぶん偏っていますねー。

すごーく、引っ込み思案な方なのでしょうか…

と思いきや、これ、松岡修造氏のチャートです。
イメージとずいぶん違うなぁ…(笑)

 

「なりたい自分」になるためのヒントがここに。


修造サンがご自分を
引っ込み思案と思っているのかどうか。
それは定かではありません。

ただ、ここまで客観的なイメージと
ホロスコープの様子がかけ離れている場合、
本人が「受け身な自分を鍛えてきた」
という可能性も高いです。

ホロスコープから読み解けること。
それは「客観的な自分の姿」だと思います。

もっと積極的になりたいな、
主体的に行動したいな、
と考える時。

火と風に惑星がたくさんあれば、
自分で思っているより、積極性があるかもしれない。

それならば、肩の力をぬき、
「自分にとって楽で自然な状態」であることが
能力を発揮するコツだったりします。

もし、水と土に偏っているのであれば、
努力、チャレンジすることで積極性が花開く。

偏りがそれほどない場合は、
「私って引っ込み思案」みたいな決めつけを
しない方が得策かもしれません。

ホロスコープが示しているのは
「定められた資質」ではなくて、
「なりたい自分」になるための、ヒント。

そのヒントをうまく活用することで
個人の可能性は、大きく広がるのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

FBでコメントする