「中の人」は誰?簡単にできるホロスコープ的自己分析法

「中の人」は誰?簡単にできるホロスコープ的自己分析法
こんにちは。
なぎやきょうこです。
 
 
突然ですが、
あなたがもし、自分自身を一言で表すとするなら
どんな風に表現しますか?
 
 
「明るくて活発」
「おっとりしている」
「せっかち」
 
 
もちろん時と場所によって、
自分の中の違う部分が
出てくることもありますよね。
 
 
ホロスコープを読むときは、
「ひとりの人の中に10人のキャラクターがいる」
と考えます。
 
 
全然性格の違う10人です。
それぞれ、役割が違うのです。
 
 
自分自身の
「中の人」が10人いるというわけ。
 
 
小学校の頃、
「〇〇係」っていうの、ありましたよね。
お花係とか、黒板係とか。
 
 
その感じにも似ています。
 
 

今のわたしは、好調?不調?

 
 
生活の中で、仕事上で、また、人生においての
「好調期」と「不調期」を前もって知りたいのです。
 
 
そのようなご相談をお受けしたとき、
真っ先に行うこと。
 
 
それは、
ホロスコープの中にいる10人、
それぞれのコンディションチェック。
です。
 
 

10人の「中の人」ってどんな人たち?

 
「ホロスコープの中にいる」=「自分の中にいる」
10人のキャラクターは以下の通り。
 
 
① ただただ、素直な存在
② 考える人、工夫する人
③ 楽しむ人
④ 前向きにがんばる人
⑤ 燃えている人
⑥ 優しい人
⑦ 厳しい人
⑧ 変化を求める人
⑨ 夢見る人
⑩ 強引な人
 
 
はい、この10人。
この10人が誰の中にもいるのです。
 
 
ご自分の性格傾向や資質を考えたとき、
どのキャラクターの主張が強いと感じますか?
 
 
「え、本当にこんな人、私の中にいるのかしら?」と
感じられるキャラクターはいるでしょうか?
 
 
ホロスコープ的自己分析は、
この質問から始めることができます。
 
こんな質問もあります。
 
「今現在、特に活躍しているのは
どのキャラクターだろう?」
 
もしかしたら、以前はいたのに
今は姿が消えてしまったキャラクターが
いるかもしれません。
 
これをチェックするのが、
「時期読み」を使ったリーディング法です。
 
 

ホロスコープ解析=健康診断

 
 
西洋占星術をご存知の方でしたら
もう、おわかりだと思います。
 
「10人のキャラクター」は
ホロスコープチャートの中の「天体(惑星)」たち。
 
 
① ただただ、素直な存在 → 月
② 考える人、工夫する人 → 水星
③ 楽しむ人       → 金星
④ 前向きにがんばる人  → 太陽
⑤ 燃えている人     → 火星
⑥ 優しい人       → 木星
⑦ 厳しい人       → 土星
⑧ 変化を求める人    → 天王星
⑨ 夢見る人       → 海王星
⑩ 強引な人       → 冥王星



 
 
数が足りないけど、
自分の中に、こんなのがいる感じ。
 
 
 
 
 
 
 
 
10個の天体の様子を調べるのが、ホロスコープ解析。
 
 
もし、健康診断に例えるなら、
出生図でわかるのが、「もともとの体質」
 
 
時期読みから推理できるのが
「現在の(人生的)体調」です。
 
 
10の天体を擬人化して。
 
「活発に発動しているキャラクターは誰?」
「体調悪そうなキャラクターは誰?」
 
そんな風に遊んでみると
「うまく使えている天体」や「そうでない天体」が
つかめると思います。
 
ホロスコープ的、ちょっとお遊び的自己分析。
試してみてくださいね。
 
 

セッションの現場では…

 
そういえば最近。
 
「こんな悩みがあって、困っているんです」
という症状が出ている方だけでなく、
 
健康診断、未病対策、という意味合いで
セッションに見える方がとても増えました。
 
悩み相談ではなくて、
人生の計画を立てたり、目標を達成するための
コンディションチェック、というホロスコープ活用法です。

お話をうかがいながら、
戦略会議をしているようで、ワクワクします^^
 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

FBでコメントする