必要以上に自分を責めてしまう時にチェックすべき、2つの天体(その2)

必要以上に自分を責めてしまう時にチェックすべき、2つの天体(その2)

こんにちは。
なぎやきょうこです。

「必要以上に自分を責めてしまう時にチェックすべき、2つの天体」
それは、土星と火星。

もちろん通常は、どちらの天体も
私たちの意識の中で活躍してくれています。

でも、この2つの天体。
何らかの理由で過剰に発動してしまうと、
必要以上のプレッシャーをかけてくるんですよね。

先日はその中のひとつ、
「土星からの締めつけ」の対処法について、お伝えしました。

今日は、もう1つのプレッシャー天体、
「火星」についてのお話です。

土星は首を絞め、火星はムチを打つ


私たちの意識に
制限や枠組み、抑え込みによるプレッシャーを
ジワジワとかけてくるのが土星。

対し、過剰に発動した火星は、
もっと瞬間的な痛みを与えてきます。

「火星」は英語で「Mars マーズ」
ギリシャ神話の軍神マルスに由来するもの。

そう、火星は「戦いの星」なんです。

なので、個人のホロスコープチャートにおいては、
「積極性、情熱、怒り、男性性」というような、
「熱く、強いエネルギー」として解釈することが多いです。

物事に対する積極性や瞬発力として
欠かすことのできない火星意識。

でも、必要以上にエネルギーが高まってしまうと、
怒り、攻撃性、暴力性、暴発、という現れ方をします。

やたらめったら、自分にムチを入れていれてしまうのです。

これが、火星による
「自分を責めすぎる」という状況。

で、どうするか。

過剰な火星のエネルギーは、
何らかの形で放出する必要があります。

燃やしてしまえばいいのです。

ただし。

放出先とその方法を間違えると、
周りの誰かに「八つ当たり」なんてことが起こる可能性も。

この点に注意しながら、
それでは「暴走火星のエネルギーの逃し方」について
お伝えしようと思います。

イライラ、怒り、自分イジメをもたらす火星エネルギーにはどう対処すればよいか。


まずは、ご自身の火星が何座にあるかを調べます。

こちらのサイトで簡単に調べられます。

生年月日を入力して → 作成 

 

赤丸部分に、あなたの火星の星座が記されています。

この方の場合は山羊座ですね。

山羊座に火星を持つ人は、
社会的に有能な人材であり、リーダーとして活躍できる。

で、その火星が過剰になると、
リーダーとしての有能さが
権力欲、名誉欲として現れがちになります。

ちなみにこのチャートの持ち主は、
前回に引き続き、安倍晋三氏です。
それっぽい気がする…

火星星座別「自分責めすぎ状態」対処法


「自分イジメ、痛めつけ」「責めすぎ」が、
火星のエネルギー過多による場合の対処法は
次のとおり。

あ、もちろん「一例」です。


火星 牡羊座      →  牡羊座の火星のエネルギーは、ただでさえ激しい。
          怒り、イライラに対して、は「走る」「汗をかく」など
          シンプルな方法が効きます。

火星 牡牛座      →  とっても美味しくて激辛なものを食べ、ヒーヒーする。

火星 ふたご座  →   無計画な旅に出る。ガチャポンの大人買い。

火星 かに座   →   キッチンにこもり、野菜を刻みまくる 。
           家族にあたり散らす傾向が強いので要注意。   

火星 しし座     →   クラブで踊りまくる。カラオケで歌いまくる。コスプレ。

火星 乙女座     →   何でもよいので「自分が絶対に完璧にできること」を
           1つだけ選び、意地でもやり抜く。

火星 天秤座     →   交流会に行きまくる。合コンの掛け持ち。

火星 さそり座   →   オカルト映画を見る。

火星 いて座     →   チームスポーツで汗を流す。
           相手がいれば、チェスやオセロ、または対戦型ゲームなども。

火星 山羊座     →   有名神社、仏閣にお参り。

火星 水瓶座     →   慣れ親しんだものから離れる。
           居場所、仕事、人づきあいなどについて
           「いつものパターン」をブッ壊してみる。

火星 うお座     →   ものすごく怪しげなスピリチュアル本を読む。
            イライラを「アセンションの前兆」として味わう。

繰り返します。
これらは、「対処法」の一例です!

火星による自分イジメ対策には「発散」と「放出」


実際のホロスコープを見せていただくと、
火星のコンディションやその発動の仕方は
もちろん人それぞれ。

「あなたは〇〇座の火星だから云々…」というのは、
やはり大雑把な話にすぎません。

とはいえ特に、牡羊座、しし座、いて座の方は、
火星が暴走しがちな傾向があるのも確か。

自分を責めすぎてしまったり、
イライラがつのったりして苦しい時は、
我慢したり、抑えつけたりすることは逆効果です。

どんな方法でもよいので
「発散すること」を対処法として考えてみてくださいね。

火星エネルギーを散らすには、
「発散」と「放出」が基本です。

もちろん、他の星座の方もぜひお試しを!

 

☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::

10月20日(土)
人生全体の流れを知り、
今後の自分に起こりそうなことを知り、
「5年先の私」をデザインするセミナーを開催します。

定員4名 残席3
・個別ホロスコープチャート
・あなたの人生の流れ解析シート
・個別アドバイスつき

詳細はこちらをご覧ください!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

FBでコメントする