月を使って「気分のムラ」を解消する方法

月を使って「気分のムラ」を解消する方法
こんにちは。
なぎやきょうこです。
 
 
毎日の仕事のスケジュールって、
どのくらいの範囲で決めていますか?
 
 
1週間?1ヶ月?
 
 
色々な約束や締め切りから逆算して、
効率よく仕事を進めるために
 
 
「この日はこれをやる」と、
計画的に動かれている方も多いと思います。
 
 
特に「ひとり仕事主」は、
スケジュールに対して厳しくあることが大切。
 
 
だって、誰からも注意されないし。
 
 
かといって、ルーズにしていたら、
一発で信用を失ってしまいます。
 
 
でもなー。
 
 
「今日は何だか、気分が乗らないんだよねー」
 
 
みたいな日、ありません?
 
 
私はしょっちゅうです(笑)
 
 
「気分のらないから、サボっちゃお」は、
もちろん、いかん。
 
 
でも、無理やり動くのって、
なかなか辛い…
 
 
気が乗らないままの仕事は、
クオリティだって、下がってしまいます。
 
とはいえ…
 
わがままだと言われようが、
気のせいだと言われようが、
甘ったれるなと言われようが、
 
 
そう簡単には解消しないのが
「気分のムラ」なんですよね。
 
 
あまり抑えつけて我慢をしても、
いつかストレス爆発しそう。
 
 
暴飲暴食につながってしまうかもしれません。
 
 
「気分のムラ」が少しでも楽になる方法、
ないものでしょうか。
 
 
 

気分や感情の揺れには、月が関係しているかもしれない。

 
 
空の上では毎日、
天体たちが動いています。
 
 
今日、10月6日。
太陽は天秤座を運行中。
 
 
そして、月は乙女座に。
 
 
ホロスコープで使う天体のうち、
月は一番動きが早いので、
2〜3日すると、次の星座へと移動します。
 
 
そして、私たちの気分や感情、体調などは、
この「空の月」の影響を受けているのです。
 
 
西洋占星術では、月は無意識の領域に影響をおよぼすと考えます。
 
月が位置する星座の持つ性格を、
人は無意識のうちに行ってしまうのです。
 
例えば月が
「整理整頓・清潔」を象徴する乙女座を運行する時期は
妙に部屋の掃除をしたくなり、
 
次に「美意識」を象徴する天秤座に月が移動すると、
今度は部屋に花や絵を飾ったり、模様替えをしてみたくなる、
といった具合です。
 
松村潔著監修 ムーンダイアリーより
 
 
ということは、
その日の月の星座っぽい活動をすれば
効率よく動けるということ。
 
 
「なんだか気分がのらない」というのは、
その日の月星座にそぐわないスケジュールを
こなそうとしている時。
 
 
そんな可能性もありそうですよね。

 

 空の月は今、何座を運行しているかを調べてみると…


今日の月は何座?
それって、どういう気分になりやすいの?
 
 
〇〇座がどのような性質なのか、を
調べるのは、それほど難しいことではありません。
 
 
でも、いちいちめんどくさいですよね。
 
 
それに、あまり気にしすぎたら、
かえって活動効率が落ちてしまいそうです。
 
 
というわけで、
簡単に「今日はどんなノリ?」がわかる表を
作ってみました。
 
 
 
その日、月がある星座
ノリ・はかどりそうな仕事
牡羊座・しし座・いて座
元気・ノリがいい・積極的・新しいことしたいひとりで動きたい!
牡牛座・乙女座・山羊座
しっかりと仕事する・地に足のついた働きぶり・現実性優位・実務作業・会計作業
ふたご座・天秤座・水瓶座
広報、告知作業・Web関係・情報のやりとり・流通関係
かに座・さそり座・うお座
チーム活動・ホスピタリティ重視・感情の揺れが起こりやすい
 
 

月を使ってスケジュールを立てるコツ

 
 
例えば、月が牡羊座にある日の予定が
「たまった領収書の整理」だったりする。
 
 
すると、
 
 
「なーんか、やる気にならないなー。
そんなことより、新しい企画のことが気になる!」
 
 
みたいなことは、十分に起こり得ます。
 
 
そんな時もし可能なら、
予定の作業を他の日と入れ替えてみる。
 
 
そんな月の使い方、賢いと思うんですよね。
 
 
スケジュールを立てる時点で、
「この日には、この作業をぶつけよう。」
と、意識してみるのも、もちろんおすすめ。
 
 
もっとざっくり、
「赤いグループ」の星座の日は外に出る、
「青いグループ」の日は自宅作業。
 
その程度でも、結構効果あると思います。
 
 
 

月の影響を受けたくない日はどうすれば?

 
 
月の影響は
「無意識に受けてしまうもの」です。
 
 
なので、「うっかりしている時ほど」影響を受けやすい。
 
 
なので、
「今日は月の影響、受けたくないな…」という予定の日に
どうすればいいかは簡単。
 
 
今日の目的、あるべき姿を
「しっかり意識」していればよいだけです。
 
 
月の影響は確かにあります。
 
 
そしてお伝えしたように
それをうまく活用することも、できる。
 
 
でも、「月の影響に翻弄される」というのは違います。
 
 
「あまり嬉しくない月の影響」を受けているな、
と気づいた時は、
 
 
「よし。今日はこの影響は受けないぞ」と、
意識的になればいいのです。
 
それだけ。
 
 
 

その日の月がどの星座にあるかの調べ方

 
その日の月が何座にあるかは、
ブログやツイッターで、毎日アップしている方も多いです。
 
こちらのサイトでも調べられます。
 → MOON CYCLE
 
 
手帳なら、これ や このシリーズ など。
 
 
そして、私も毎日のおすすめアクションを
つぶやいていますので、のぞいてみてくださいね。
 

☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::☆:::::::::::::::

10月20日(土)14時〜16時半 
ご参加の方、個別にホロスコープ作成。
人生全体の流れを知り、

今後の自分に起こりそうなことを知り、
「5年先の私」をデザインするセミナーを開催します。

・受講料 3,780円
 (資料、飲み物代込)

・個別ホロスコープチャート
・あなたの人生の流れ解析シート
・個別アドバイスつき

詳細はこちらをご覧ください!

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

FBでコメントする