【フラット思考メソッド】とは何か。

【フラット思考メソッド】とは何か。

スキルも経験も充分。なのに仕事が広がらない問題


セラピスト、サロン経営、講師業…

十分な経験と能力があるにも関わらず、 
もうひとつ活動の場が広がらない。

「仕事」として成立させたい。

趣味起業ではなく「自分の肩書き」として
もっと胸を張りたい。

でも実際には、どうしたらよいのかわからない…

☆  ☆  ☆

うまくいかないのは、
まだ学びたりないことがあるからに違いない。

もっとスキルを高めよう。

起業塾に行ってみよう。

そんなことを、もう何年続けていますか?

数年前の自分と今の自分を比べてみた時、
納得のいく成長をしていると、感じますか?

停滞感や「くすぶっている感じ」が
続いてはいませんか?

 

 

やる気はあるし、真面目だし。
ちょっと抵抗があっても
勧められたことには挑戦している。

でも、もうひとつ結果が出ない。

細く長く、根気よく続けることは本当に大事。

でも、「ゴールのみえていない努力」は、
「間違った努力」の場合が多いです。

「間違った努力」をあまり続けていると、
知らず知らずのうち、
考え方に「おかしなクセ」がついてしまいます。

そして、心も身体も疲弊します。

「細く長く努力を続ける」ことで、
目標に近づくどころか、
どんどん横道にずれていってしまうのです。

だから余計に、ゴールがわからなくなってしまう。

 

気づいていますか?自分の中から聞こえてくる「かぼそい声」

 

「できるはずのことができない」
「好きだったことが、楽しくなくなってきた」
「変わりたいのに変われない、成長していない」
「本業に集中しようとすると、邪魔が入る」
「考えることが多すぎる、迷うことが多すぎる」

「やっぱり自分は能力不足だ。だからダメなんだ。」

 


そんな時、
自分の中から聞こえてくる声がありませんか?

「本当はもっとできるはずなのに…」

というかぼそい声。

「できるはすのことができない」
「やりたいはずなのに、行動できない」

これらは、あなたの本質ではありません。

「症状」です。

あなたのコンディション不良による
「症状」

なので、コンディションがよくなれば、
「症状」はなくなります。

「なりたいわたし」になるために、
なにも「もっとスゴイわたし」になる必要はないんです。

「元々のわたし」に戻ればよいだけ。

そうすれば、
「できるはずのこと」は、できるし、
「やりたいこと」であれば、スルリと行動に移すことができます。

これ、当たり前だと思いませんか。

 



私たちは生きていく中、様々な経験をします。
色々な人に出会います。

うまくいったこと、失敗したこと。

嬉しかったこと、泣いたこと。

努力が報われなくて悔しい思いをしたこと。

誰かの言葉が、何年も何十年も胸に刺さったまま…
なんてこともありますよね。

生きている中で起こったこれらの経験は、
もちろん私たちの成長を促しますが、
それとともに「不必要な思いグセ」がつく原因にもなります。

 

静かに増大し続ける「不必要な思いグセ」


「不必要な思いグセ」は、

次のような「症状」を引き起こします。

・あれもこれも気になってしまって、結局やりたいことが絞れない

・なんだか怖くて次の一歩が踏み出せない

・「私なんてどうせ」とつい思ってしまう

・できない言い訳ばかり浮かんでくる

・ウマくいったらいけない気がする。成功するのが怖い。

・考えてばかりで動けない。

・やたらに動きすぎてしまう

・人に振り回される

・しなくていい我慢をしてしまう

・なんだかわからないけれど、漠然とした不安を抱えている

 

などなど…


これらの症状は多くの場合「メンタルブロック」とよばれ、
心理セラピーにより、解消を試みる人も少なくありません。

私自身、何かと「抱え込みやすい」性格。

考えすぎたり、落ち込みすぎたり、という際には
色々なセラピーのお世話になりました。

でも、です。

しばらくすると、また同じ症状に悩まされる。
だから、またセラピーに通います。

だんだん、その手法では効果が感じられなくなってきて。
なので、他のセラピーも試してみる。

「今度こそは救われる!」と感じさせてくれる魅惑のセラピーは、
それを求める限り、次から次へと目の前に現れます。

この繰り返し。
これが「セラピージプシー」というやつですね。

 



セラピージプシー経験のある私が、
当時感じていたこと。

それは、

「自力では、まともな判断ができなくなっている」

ということでした。

感受性ばかりが鋭くなっていき、
「考えること」ができなくなっていたのです。

本能的な危機感を感じました。

人生が思うようにいかないのは、
「思いグセ」がとれないのは、
「メンタル」のせいじゃない。

「思考停止」が起こっているせいだ。

そのことに気がついたのです。

「自分自身が元々持っている思考力」が淀み、
凝り固まってしまっていること。

この状態は、何らかへの依存状態を引き起こし、
自分で考え、選び、行動することを阻害します。

自分で自分を麻痺させる。

自分で自分を洗脳してしまう。

これらが思考力が阻害されることで起こる
「思いグセ」です。

 


私は、時にメンタル不調までも呼び起こす「思いグセ」を
「思考のコリ」と呼ぶことにしました。


・あれもこれも気になってしまって、結局やりたいことが絞れない
・なんだか怖くて次の一歩が踏み出せない
・「私なんてどうせ」とつい思ってしまう
・できない言い訳ばかり浮かんでくる
・ウマくいったらいけない気がする。成功するのが怖い。
・考えてばかりで動けない。
・やたらに動きすぎてしまう
・人に振り回される
・しなくていい我慢をしてしまう
・なんだかわからないけれど、漠然とした不安を抱えている


あなたがこれらの「症状」に悩まされているとしても
別に悲劇が起こっているわけではありません。

「思考のコリ」がたまっているだけ。

「コリ」なので、ほぐすことができます。
ほぐせば、思考の流れがぐっとよくなります。

誰かに癒してもらわなくてもすむし、
色々な意見に振り回されることもなくなる。

「自分自身で」的確な判断ができるようになるからです。

必要な努力と無駄な努力の区別がつく。
今すべきことと、する必要のないことがわかる。

憂鬱が消えて爽やかな気分になり、
適切な判断力と、行動力が戻ってくるのです。

自分自身の「そもそも」に帰ってくる。
ゼロ地点に戻る。

長い時間をかけて淀み、凝り固まってしまった
「思考の老廃物」をほぐし、流してしまうこと。

そうすれば、
あなたに停滞をもたらしていた「症状」は消えるでしょう。

「フラットな自分」を取り戻す。

それだけで、
「自分が元々もっている能力」
「これまで気づかなかった潜在能力」を
シンプルに発揮することができるようになるのです。

 

 

思考のコリはこうほぐす!


私が「思考のコリ」をほぐすために使うツール。
それは「ホロスコープ解析」です。

「ホロスコープ」は、西洋占星術で用いるもの。
通常は「星占い」のイメージが強いですよね。

でも私は、ホロスコープリーディングを
占いとしては捉えていません。

ホロスコープリーディングは、プロファイリングです。
なので「解析」という言い方をしています。

個人の資質、性格傾向について徹底的に分析。
それだけではありません。

その資質が、これまでの人生でどのように発展してきたか。
また、負荷を与えられ傷ついてきたか。

それを読み解き、解析することにより、
その方の「思考のコリ」についての細かい情報を得るのです。

そのコリは、どのようなタイプのものなのか、
いつから、どんな状況で、なぜ凝り固まってしまったのか。

加え、
「自分に向いている仕事やその活動の広げ方」
「気づいていない能力、伸びしろ」

ホロスコープを使えば、
これらを知ることができます。

そして何より便利なのは、
その方の人生の「未来の傾向」がつかめるということ。


「本当に目指したい、目指すべき方向」
「なりたい自分になる、目標を達成するために、今すべきこと」などを
うかがい知ることが可能です。

人生の流れの中、
今自分はどこに立っているのか。

「仕込みの時期」
「アクセルを踏み込む時期」は、いつなのか。

これらを明らかにすることで、
不要な迷いや不安感はなくなります。


鋭さと柔軟さを取り戻した
思考力。
そして未来予測。

これらは、人生設計のための大きな力となります
「なりたい私」になるための、大きな力です。


 

思考のコリをほぐす→フラットな自分に戻る→本来の能力が爆発。


ホロスコープは「人生の羅針盤」

世界にたった1つだけ、
自分だけの羅針盤を手にすれば、

「本当はもっとできるはずなのに…」
とぼやいていた、かぼそい声は

「本当の自分なら、できるのは当たり前」
という、力強いエールに変わっていることでしょう。


☆ ☆ ☆

「そもそもの自分」に戻り、
「当たり前の能力」そして「未開発だった潜在能力」を発揮するための
ホロスコープ解析とオリジナル心理ワークを駆使した
100日間オーダーメイドプログラム。

それが「フラット思考メソッド」です。