キャリア設計

ひとり仕事人の社会的使命

組織の中で仕事をする際には、
「与えられた肩書き」と一緒にいることが多いはず。

好む好まないに関わらず、
仕事上の役割については、理解しやすい場合が多いと思います。

ひとりで仕事している場合も原則は同じ。
ただ「役割」については、与えられるというよりも
自分自身で理解し、作っていく必要があるのではないでしょうか。

こんにちは。
ひとり仕事をサポートする星の参謀 なぎやきょうこです。

自分が社会的に、どんな役割を担っているのか。
改めて、それを考えることはありますか?

ホロスコープの上には、
その人の「社会的役割、使命」についての
ヒントが示されています。

「太陽星座(〇〇座)」がわかれば調べられますので、
参考にしてみてくださいね。

社会的役割、使命の4タイプ

コーチングでよく使われる、こちらのタイプ分け表。(一部変更しています)
自分を知り、他人を理解するために便利なものです。

① コントローラー
エネルギッシュに、人や物事を引っ張っていく

② プロモーター
アイデアをもとに、人や物事を促進していく

③ アナライザー
現実感覚をもとに、分析や戦略を立てていく

④ サポーター
情緒豊かに、人や物事を後ろで支える

社会的役割を推測してみる

実は上の表で示されている4タイプは、
そのまま、ホロスコープ解析に応用できます。

ご覧ください。

① コントローラー
エネルギッシュに、人や物事を引っ張っていく

牡羊座・獅子座・射手座

② プロモーター
アイデアをもとに、人や物事を促進していく

双子座・天秤座・水瓶座

③ アナライザー
現実感覚をもとに、分析や戦略を立てていく

牡牛座・乙女座・山羊座

④ サポーター
情緒豊かに、人や物事を後ろで支える

かに座・さそり座・うお座

いかがですか?
自覚している「社会的役割」と一致しているでしょうか。

ひとり仕事と社会的役割

このタイプ分けがピンとこないからといって
「当たってないじゃん」で終わらせるのは
ちょっともったいない。

「〇〇座(太陽星座)」は、
その人が意志を持ち、発展させていくべき
人生のテーマです。

なので、正確に言うと「性格」ではない。(ちょっとダジャレ)
だから実は「当たっていない」ことも多いのです。

社会の中での役割、使命を考える時、
それは「得意なこと」とは限らない。

努力し、目指していくべき方向こそが、太陽星座が表すもの。
それは「好きな道」ではないかもしれません。

では「持って生まれた性格」
ホロスコープのどこに示されているのでしょうか。

それについては、次の機会にお伝えしますね。 

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─

起業スタイル、独立、副業開始の時期は、
今現在「人生におけるどの時期」にいるかによっても変わります。

人生の大きな流れ、色合いの変化、節目を
実際に知りたい方のため、セミナーを毎月開催中。

★42歳以上限定!
理想のキャリアもプライベートも「積極的に設計」したいあなたへ。
西洋占星術を活用して5年先の私を創る!
自分らしいキャリア ”再” 設計セミナー

【10月27日(日) 14:00〜 札幌  満席御礼!】
NEW!【11月16日(土) 10:30〜 茅場町 残席3】
セミナー内容の詳細、お申し込みはこちらへ。
茅場町 → https://2019-11-16.peatix.com/view
札幌  → https://2019-10-27.peatix.com/view

…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です